欠陥住宅・消費者問題のセミナー・講演の新規メニューをリリース: 講師 戸村智憲

日本マネジメント総合研究所合同会社のプレスリリース2015年 01月 14日

日本マネジメント総合研究所合同会社  2015年1月14日

この度、弊社理事長の戸村智憲の自宅において欠陥住宅問題で業者・弁護士と独力で交渉し、渋っていた外壁をはがしてスケルトン状態からの全面的な補修工事に至るなど、自らの体験と交渉法や欠陥住宅をつかまされた者としての体験談・心理・家族の反応などを踏まえ、下記新規メニューをリリース致しました。

【新規メニューその1:工務店・建築会社・不動産業者さま向け】

「不動産・建築トラブルで買主に対して気を付ける5つのポイント
 ~実録: 新築一戸建て欠陥住宅を買った講師から見た企業の対応策~」

【講演概要】
 ・不動産のセールストークで買主として心動かされたポイント
 ・立ち会いチェック時のまずい対応を避ける: 大きな問題を避ける業者側としての小さな工夫とは?
 ・きっかけはちょっとした「木材のはがれ」「床鳴り」から始まった・・・
 ・業者側での初期クレーム対応の失敗から大問題に発展する買主を激怒させるワナとは?
 ・常套文句「人間の作った物だから多少のズレはありますよ」のワナ
 ・業者としてどう不動産トラブルに初期対応しておけば安く済んだのか?
 ・建具・建材メーカー総出でもみ消しにきて却って傷口を広げた例
 ・クレーム危機管理術や不正調査をしている講師が見た危険な業者側の対応例
 ・本気になった買主がやること1: ネットでの徹底した情報収集
 ・本気になった買主がやること2: 建築士を活用した調査
 ・本気になった買主がやること3: 弁護士を通じての訴訟準備
 ・続々出てくる隠れたる瑕疵・欠陥: 耐震性・耐火性能など大きな問題に発展した実例の検討
 ・訴訟や差し押さえなど法的手段という銃弾を突き付けられた売主の末路は?
 ・小さな補修工事のはずが大規模補修へ: 建築士の調査をフル活用されるとこうなる
 ・不動産・建築関連業者として気を付けるべき5つのポイントとは?
 ・不動産関連事業者が押さえるべきリスク対策:予防策・危機対応策のポイント
  など

【新規メニューその2:欠陥住宅の購入者・購入検討者・一般消費者さま向け】

「欠陥住宅をつかまされないために買主として見ておく7つのチェックポイント
 ~わたしのように苦労する被害者をひとりでも減らすためにお伝えしたいこと~」

【講演概要】
 ・チェック1: 不動産会社のセールストーク、検査済証などはあてにならない
 ・チェック2: 内覧や立会いでココを見ておくべきだったという反省と後悔
 ・チェック3: プロの「職人」が建てている家か「作業員」が建ててしまった家か
 ・チェック4: 建築物の保険のワナ・・・欠陥住宅すべてを補償してくれるわけではない
 ・チェック5: 異なる時間帯に現場に訪れて周辺環境・人の流れ・騒音などをみすえる
 ・チェック6: 夏に冬のことを思い冬に夏のことをイメージして買うことの大切さ
 ・チェック7: 実際に建売住宅で隠れた欠陥だらけだった実情を踏まえた良い物件の見抜き方
 ・専門家を味方につけておく: ホームインスペクションを賢く活用しよう
 ・買う前に弁護士を先に探しておくことの重要性: 弁護士+建築士の連携に備える
 ・欠陥住宅の購入体験談:
   【わたしがつかまされた欠陥住宅の建築・販売業者】
     業者名: 株式会社グランドホーム (欠陥住宅で悪質な対応続きの業者でした)
     所在地: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-38-4
     代表者: 代表取締役社長 元木 伸
     ウェブ: http://www.grand-home.jp/
   【わたしがどう対応したか、他に方には何に気を付けて交渉してほしいか】
     ・声をあらげない、クレーマー化せず冷静な交渉人となる、金を要求しない
     ・事実に基づいて淡々と交渉するココロの持ち方・欠陥住宅購入者のメンタルヘルス
     ・交渉はICレコーダーですべて録音しておく: 言った・言わないの問題を避ける
     ・業者からの返答はメールや書面でもらう: 裁判に備えた証拠づくり
     ・電話でのやりとりではYES・NO・保留や書面でやり取りする意思などを明確にする
     ・個人でも顧問弁護士を安く雇える: 月3千円~月5千円くらいで顧問弁護士も・・・
     ・インターネットで欠陥住宅の情報や欠陥住宅対策の団体を調べておく
     ・業者は笑顔で嘘をつきバレると途端に表情を変える「生き物」だということ
     ・ホームインスペクションでこんなことまでわかったという6回の検査事例ご紹介
     ・建築会社側につく悪質な弁護士に騙され丸め込まれないためのポイント
     ・弁護士や建築士への懲戒請求という最終兵器
     ・賢い弁護士や建築士の「使いこなし方」 など
 ・質疑応答と被害者救済のためのアドバイス

理事長の戸村智憲が欠陥住宅を購入してしまった件と被害者救済の無償相談サポートについての概要は、下記の弊社特設ページをご参照下さい。

 株式会社グランドホームの欠陥住宅の被害者救済サポート:
 http://www.jmri.co.jp/support.html

業者側が自ら律する対応をとり、また、買主・消費者側が正しい知識や防衛策を習得することで、ひとりでも欠陥住宅の被害や悪質な業者・弁護士・建築士らの対応を減らせれば弊社としては社会的意義ある取り組みとして幸いであると考えております。

戸村智憲プロフィール: 日本マネジメント総合研究所合同会社 理事長
            コーポレート・ガバナンス・アワード 主宰
         ( http://www.jmri.co.jp/message.html )

以上でございます。

本リリースのお問い合わせ先:
日本マネジメント総合研究所合同会社
理事長 戸村 智憲
107-0062東京都港区南青山2-2-8 DFビル5階
電話:03-6894-7674  FAX:03-6800-3090
メール: info@jmri.co.jp
ウェブ: http://www.jmri.co.jp/  

ジャンル
商品・サービス
業界
教育・資格・人材 建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2015年 01月 14日
http://www.grand-home.jp/

会社概要

所在地
東京都 港区南青山2-2-8 DFビル5階
電話番号
03-6894-7674
代表者
戸村 智憲

この企業の最新リリース

2016年 04月 03日
2016年 03月 21日
2016年 03月 21日
2016年 03月 21日
2016年 02月 29日
2016年 02月 22日
2016年 02月 22日
2016年 02月 22日
2015年 12月 14日
2015年 11月 16日
今、最も選ばれているプレスリリース配信サイト利用企業が1万社突破!

アーカイブ