経営プロSUMMIT(6/4(木)16:20~)キャリアのリスクマネジメント・再雇用制度の限界にて弊社の戸村智憲がパネリストとして登壇します

日本マネジメント総合研究所合同会社のプレスリリース2015年 05月 21日

日本マネジメント総合研究所合同会社  2015年5月21日

この度、弊社理事長の戸村智憲が下記のイベントの特大ホールにて
パネルディスカッションのパネリストとして登壇致します。

イベント名: 経営プロSUMMIT 2015 TOKYO

主催者:   ProFuture(株)

後 援:   東洋経済新報社

メディア・パートナー:
  ・企業と人材 ・人事実務 ・人事マネジメント ・労政時報
  ・経済界 ・人材教育 ・労働新聞 ・月刊総務
  ・ダイヤモンド社

登壇コマ: K26 経営プロサミット講演会場
      「キャリアのリスクマネジメント・再雇用制度の限界」

登壇者: (株)三菱総合研究所 シニアプロジェクトマネージャー
     森 卓也 氏

     日本マネジメント総合研究所合同会社 理事長
     戸村 智憲

     合同会社 志事創業社 代表 臼井 清 氏

     (株)マイスター60 公務員人材開発・セカンドキャリア
     支援センター長  岩井 克己 氏

     (株)マイスター60 取締役 事業部長 高平ゆかり 氏

詳細・お申込み:
 http://www.hrpro.co.jp/summit2015/lecture_k.php?smcd=35&scd=2019 

戸村より個人・企業のキャリアにおけるリスクマネジメントとして、
社会保障制度の危機的状況の中で、シニアやプレシニアの
サバイバビリティにおいて、下記のようなお話をお届け予定です。

・個人のキャリアにおける重要課題は、手技・技法などの職業訓練
 以前に、セカンドキャリア・シニアにおける「キャリアチェンジ」
 というよりも、「マインドチェンジ」として心の問題がある。

・企業の定年再雇用では「キャリア・クライシス」を乗り切るには
 力不足で、潜在的なシニアの力を発揮させるキャリアプランや制度
 など、「キャリアのダイバーシティ」「キャリアの多様化」「キャ
 リア制度の多様化」が重要である。

・定年再雇用から「定年再起動」へ向けた、個人の自己実現を促す
 人材教育を、キャリアチェンジが突如必要となる定年の時点より
 前のプレシニアの段階から行うべきである。

・パラレル・キャリアの中で企業は副業OKにして自社内では発揮しき
 れない個の多様な潜在能力を活かしつつ、自社本業に活きる人材の
 活性化を促すべきである。

・「キャリア・クライシス」はキャリアダイバーシティで人材の
 成長戦略を見出しつつ、シニアや潜在能力あるミドルなどの
 人材活性化策を進めるべきである。

・その他、シナリオなきディスカッションにおいて、当日のコメント
 などを登壇者各位の総括的なお話としてお届け予定。

弊社における「定年再起動プロジェクト」として、下記の人材教育
プログラムがございます。

アトラクション型ワークショップ:
 http://www.jmri.co.jp/business2.html 

また、経営プロサミットでのコマ提供企業のマイスター60において、
戸村がシニアインターンシップの講師としても登壇するなど、シニア
ビジネスやシニア人材開発などにも力を入れております。

以上でございます。

本リリースに関するお問い合わせ先:
日本マネジメント総合研究所合同会社
理事長 戸村 智憲
107-0062東京都港区南青山2-2-8 DFビル5階
電話:03-6894-7674  FAX:03-6800-3090
メール: info@jmri.co.jp
ウェブ: http://www.jmri.co.jp/ 

ジャンル
イベント
業界
コンサルティング・シンクタンク 教育・資格・人材
掲載日
2015年 05月 21日
http://www.hrpro.co.jp/summit2015/index_k.php

会社概要

所在地
東京都 港区南青山2-2-8 DFビル5階
電話番号
03-6894-7674
代表者
戸村 智憲

この企業の最新リリース

2016年 04月 03日
2016年 03月 21日
2016年 03月 21日
2016年 03月 21日
2016年 02月 29日
2016年 02月 22日
2016年 02月 22日
2016年 02月 22日
2015年 12月 14日
2015年 11月 16日
今、最も選ばれているプレスリリース配信サイト利用企業が1万社突破!

アーカイブ