南アフリカ出身人権の活動家マリー・シャトルワース女史を迎えての講演会を開催

特定非営利活動法人イマジンのプレスリリース2016年 05月 13日

今年3月、米国ワシントンDCからユース・フォー・ヒューマンライツ インターナショナルの世界教育ツアーが始まっており、メキシコ、グアテラマ、コロンビア、ブラジル、オーストリア、南アフリカ、台湾そして日本と世界各地を回り国連の定めた世界人権宣言の啓発活動を行っています。そしてそれに合わせて、NGOや教育者ら協力者を集めて青少年が人権の擁護者となるよう地域サミットを開催し、討論をしています。この度、6月12日に東京・新宿にてユース・フォー・ヒューマンライツ代表マリー・シャトルワースを迎えての講演会が開催されるにあたり、特定非営利活動法人イマジンは同じ目的を持つ教育団体として開催を後援します。

講演タイトル:
『世界で起きている問題は日本人には関係ないのか?』

世界の最前線で人権と向き合ってきたマリー・シャトルワースさんとニッキー松本さんをお迎えした特別講演です。
世界を見てきたゲストから赤裸々に語られる言葉とは。「あなたの人権とは何か」を一緒に考えませんか?

【ゲスト・スピーカー】
MARY SHUTTLEWORTH マリー・シャトルワース女史
南アフリカ出身。そこで最も基本的な人権の欠如がどれほどの悪影響を生み出すかを目の当たりにする。旅と勉強の中で人権の問題が世界規模であることに気づく。1998年、ロサンゼルスに最初の非営利団体と私立学校を設立。現在は世界中で、世界人権宣言を青少年へ教育し、リーダーシップを触発している。

Nikki Matsumoto ニッキー・マツモト氏
18歳で米国に渡り音楽活動に身を捧ぐ。1996年帰国、東洋と西洋のサウンド
融合をしたRock Of Asiaを率いて活動。世界情勢に詳しく、特に中東の問題
に深く関わっている。2015年から世界の平和を願いを届けるアースキャラバ
ンに参加。広島原爆の残り火を中東に運ぶなど、世界的な活動を続ける。

【開催日時】2016年6月12日(日)14時〜16時30分
【場所】新宿区百人町1-25-1 サイエントロジー東京 イベントホール
    (JR山手線新大久保駅より徒歩7分、JR総武線大久保駅より徒歩4分)
【参加費】無料
【主催】ユース・フォー・ヒュマンライツ
【後援】特定非営利活動法人イマジン

ユース・フォー・ヒューマンライツ インターナショナル(Youth for Human Rights International: YHRI)は、教育者であるマリー・シャトルワース博士によって創設された非営利団体です。ユース・フォー・ヒューマンライツ インターナショナルの目的は、青少年を人権について、特に国連世界人権宣言について教育し、彼らが寛容さと平和の支持者となるようにすることです。今日までに、ユース・フォー・ヒューマンライツ インターナショナルは世界的な運動に発展し、世界中に何百ものグループ、クラブ、支部があります。アメリカの人道主義者、L. ロンハバード氏の「人権は夢ではなく、実現されなければなりません」という言葉に基づいて活動を展開しています。

【問い合わせ先】

ユース・フォー・ヒューマンライツジャパン 担当
宮地 Youthforhumanrights.act@gmail.com
特定非営利活動法人イマジン
TEL: 03-4578-7584
E-mail: hamaguchi.imagine@gmail.com

担当 濱口

ジャンル
イベント
業界
教育・資格・人材 自然・環境
掲載日
2016年 05月 13日

会社概要

所在地
東京都 墨田区向島3-7-11
電話番号
--
代表者
尾端國次
今、最も選ばれているプレスリリース配信サイト利用企業が1万社突破!

アーカイブ